22.4.2 Pages の操作と Word の操作の対応

Pages の部分でどこをいじれば Word と同じ操作ができるのかを,まとめて紹介します.この節の冒頭で述べたように,Pages と Word はボタンの配置等が違うものの,基本的に操作の仕方は同じです.ですから Pages と Word の一方が使えれば,他方を使うことも容易でしょう.

ページレイアウトの設定

ページの大きさや余白といったレイアウトの設定(hwb22.3.2 レイアウトの設定)を行うには,メニューバーを 表示インスペクタ書類設定 と辿り,画面の右側に「書類設定」のインスペクタを表示させます.

22_4_2_a

すると画面右側のパネルに「書類」という欄が表示されます.ここで用紙の縦横,用紙サイズおよび余白の設定ができます.

22_4_2_b

元々あった書式設定のパネルに戻すには,先ほどと同様にメニューを 表示インスペクタフォーマット とたどります.

22_4_2_c

文字書式の設定

文字に対する書式の設定(hwb22.3.7 段落書式の指定)を行うには,画面右側の「フォント」の欄を使います.

22_4_2_d

Word と異なる点は,以下の通りです.

  • 日本語を入力する際には,太字ボタンの左に「圏点ボタン」と「傍点ボタン」が表示されます.
  • Word では hwb22.2 フォントに関する基礎知識 で紹介したような不適切な太字・斜体が選択される問題がありますが,Pages で太字 / 斜体が存在しないフォントを使っているときは,太字 / 斜体ボタンを押しても何も変化がありません.

段落書式の設定

段落に関する書式(hwb22.3.7 段落書式の指定)のうち,左右の配置や行間隔の設定に関するボタンは,右側に表示されるバーの中にある「配置」の中にまとまっています.

22_4_2_e

また,この画面で「レイアウト」のタブを選択すると,インデント,タブおよび段組みの設定をすることができます.

22_4_2_f

スタイルの設定

スタイル機能(hwb22.3.8 スタイル機能の活用)も,画面右側のパネルで設定できます.

まず文字スタイルを設定するには,パネル中央付近にある「文字スタイル」の右のボタンを選択します.

22_4_2_g

この中からスタイルを選ぶことで,これから打ち込む文字に対するスタイルを設定できます.また文字列を選択してからスタイルを選ぶと,選択した部分の文字列にスタイルが適用されます.

そして段落スタイルを適用するには,「テキスト」パネルのすぐ下にある三角をクリックします.

22_4_2_h

そしてどちらのスタイル選択画面でも,スタイル一覧を表示する吹き出しの右上に + ボタンがあります.これをクリックすることで,新しいスタイルを自分で設定することができます.