28. gnuplot

gnuplot はグラフを描くためのフリーソフトウェアで,特に LaTeX 文書に入れるグラフを描く際によく用いられます.この章では gnuplot を使ってグラフを描く方法を簡単に説明します.

28.1 gnuplot の起動と終了

まず最初に gnuplot を起動,終了する方法を説明します. (このページを読む)

28.2 簡単なグラフの描き方

さっそく gnuplot でグラフを描いてみましょう.グラフの見栄えをよくする方法は後回しにし,この節ではグラフの描き方を一通り説明します. (このページを読む)

28.3 2 次元グラフのスタイルの設定

グラフの見栄えを調整し,見やすいグラフを作るための方法を説明します. (このページを読む)

28.4 実験データのプロット

実験データをプロットする際に有用な技法として,エラーバー,対数スケールの使い方とデータを加工してプロットする方法を説明します. (このページを読む)

28.5 3 次元グラフのスタイル設定

3 次元グラフ固有の見栄えの設定方法を説明します. (このページを読む)

28.6 グラフを画像として保存する

epslatex の例

gnuplot で描いたグラフを画像としてファイルに保存する方法を説明します. (このページを読む)

28.7 グラフのフィッティング

最小二乗法を用いたフィッティング,特に回帰分析する方法を説明します. (このページを読む)

28.8 参考文献

詳しい情報を知るのに有用な文献を紹介します. (このページを読む)