21.3.3 図形操作の基本

InkScape で描画した図形に後から手を加える方法を説明します.

操作の取り消しとやり直し

修正したい操作が直前に行ったものであれば,直前の操作の取り消しで前の状態を回復できます.

メニューから EditUndo を選択します.または, z キーでも取消操作ができます.この操作を続けて行うと,基本的にはどこまでも前の状態に戻すことができます.

同じようにして,メニューから EditRedo,または z キーで取り消した操作をやり直すことができます.

図形の選択

まず,ツールボックスから左下のアイコンをクリックします.その後,図形を左クリックすることで,選択状態にできます.

shift を押しながら図形を左クリックすることで,複数の図形を選択できます.また,左クリックからドラッグすることで,その範囲に完全に入る全ての図形を一度に選択できます.

図形の色,線の太さの変更

図形を選択した状態で,メニューから ObjectFill and Strokeを選択する,もしくはコマンドバーから,のアイコンをクリックすることで,右のようなダイアログが表示されます.

Fill タブをクリックすると塗りつぶしに関する設定,Stroke Paint タブをクリックすると枠に関する設定,Stroke Style タブをクリックすると枠の線の形状などを設定できます.

図形の拡大,縮小

図形を選択した状態にすると,図形の8方向に矢印が現れます.それを左クリックしてドラッグすることで,図形の拡大,縮小を行えます.

図形の移動

図形を選択した状態で,その図形の上にマウスポインタを置くと,マウスポインタに手のアイコンが追加されます.
その状態で左クリックしてドラッグすることで,図形の移動を行えます.

グループ化

図形を複数選択した状態で,ObjectGroupを 選択するか,もしくは g と入力すると,グループ化を行えます.

グループ化すると,一つの図形として扱うことができます.図形を毎回複数選択する必要がなくなるため,便利になります.