27. LaTeX

LaTeX は,美しい文書を作成するための組版ソフトウェアで,「ラテフ」または「ラテック」と読みます.数式の多い,理工系の論文・書籍の作成などでよく利用されますが,多言語処理などの文科系の分野でも利用されることがあります.

本章では,LaTeX の使い方を簡単に説明します.

27.1 LaTeX についての概説

TeX, LaTeX ロゴ

LaTeX は, TeX と呼ばれるソフトウェアを元に作られたものです. LaTeX による文書作成を解説する前に, TeX と LaTeX についての大まかな説明をしておきます. (このページを読む)

27.2 まず使ってみる

first.pdf の一部分

LaTeX を用いた文書作成を実際に試してみましょう. (このページを読む)

27.3 文書の書き方

アクセント記号

前節の例のように, TeX ソースは \documentclass[…]{…} <文書全体に関わる設定> \begin{document} <本文> \end{document} という構 […] (このページを読む)

27.4 クラスとパッケージ

min10.tfm と jis.tfm

この節では, 文書全体の見栄えを決めるクラスファイルや, 数々の拡張機能であるパッケージについて説明します. TeX ソースで言うと, \documentclass{…}  <文書全体に関わる設定> \b […] (このページを読む)

27.5 文字修飾とフォント

\emph の例

LaTeX では文書構造を論理的に指定するコマンドや環境(27.6 さまざまな環境 参照)のみを使って文書を書くのが望ましいです. しかし, 完全にそれだけというわけにはいかないでしょう. 本節では, フォントや文字の大 […] (このページを読む)

27.6 さまざまな環境

[ ] を含む項目

この節では, 環境と呼ばれるものについて説明します. 環境とは, \begin{env} … \end{env} と対になった命令のことです. (このページを読む)

27.7 数式の書き方(1)

単項演算子扱いの例

27.1 LaTeX についての概説 でも触れたように, TeX/LaTeX は数式を含んだ文章の作成に最初から重点がおかれて設計されています. 本節では, 主に数式記号の入力方法について説明します. (このページを読む)

27.8 数式の書き方(2)

行列の例

前節 27.7 数式の書き方(1) に引き続き, 数式の書き方について更なる説明を行います. (このページを読む)

27.9 相互参照と文献

文献引用の例

文書では, よく, 「2式 (1), (2) から」などと, 数式などを文書中の別の部分で参照することがあります. ソース中にこのように直接番号を書いてもいいですが, それだと数式が増えて番号がズレたときに全部手動で直さ […] (このページを読む)

27.10 欧文の書き方

LaTeX で欧文の文章を書く場合, メールに打つようにそのままキーを打っていけばよいというわけではなく, 細かいところまで注意する必要があります. 本節では, その注意点を簡単にまとめておきます. 詳しくは, 欧文の […] (このページを読む)

27.11 グラフィックス

この節では, 画像の入れ方について説明します. 27.1 LaTeX についての概説 にも書きましたが, これらは dvi ファイルを扱う dvipdfmx などのソフトウェアの問題であり, LaTeX 本体の管轄ではあ […] (このページを読む)

27.12 参考文献

最後に, TeX/LaTeX に関する参考文献を挙げておきます. (このページを読む)