27.2 まず使ってみる

LaTeX を用いた文書作成を実際に試してみましょう.

ソースファイルの作成

何らかのエディタを開き(例えば mi を使うならば hwb8.2 mi を参照),以下のように入力します.

\documentclass[b5paper]{jsarticle}
\title{\LaTeX 文書の例}
\author{999999 駒場 太郎}

\begin{document}
\maketitle
これは\LaTeX による文書のサンプルです.

\section{例}
こんにちは,\LaTeX!
ちょっとチェック.
ちょ{}っとチェ{}ック.

段落が改まったので,数式でも書くか.
\[
  \int_0^{\infty} e^{-x^2}\,dx=\frac{\sqrt{\pi}}{2}.
\]

\section{まともな文}
以下は旧版の「はいぱーワークブック」からの引用です:
\begin{quote}
  はいぱーワークブック(HWB)は,東京大学教養学部にある情報処理システムを
  使いこなすための,うるとらはいぱーな入門用オンライン自習教材です.
  自習環境としては,東京大学情報基盤センターの同大学教養学部駒場キャンパスに設置されている
  教育用計算機システムを対象としています.
\end{quote}
\end{document}

作成にあたり,以下の点に注意して下さい.

  • 全角文字と半角文字に気をつけて下さい.句読点の代わりに用いている「,」「.」は全角ですが,それ以外は半角文字です.また,大文字と小文字も間違えないように.
  • 半角バックスラッシュが多用されています.Mac 環境で半角バックスラッシュを入力するには ¥ とします.Windows 環境などでは半角円記号 (¥) に見える場合があります.半角バックスラッシュがどうしても打てない環境では,代わりに半角円記号を利用して下さい.この問題については,hwb18.4.1.3 Unicode を参照して下さい.
  • 各行の最後では enter キーを押して改行して下さい.

できあがったら,これに “first.tex” と名前をつけて保存します.別の名前でも構いませんが,“.” 以降(拡張子)は “.tex” となるようにしてください.また,ファイル名に全角文字は使わないようにもしてください.

タイプセット

ターミナル(hwb15.2 ターミナルの基本的な使い方を参照)を開き,first.tex を保存したディレクトリへ cd コマンドで移動します.そして,以下のように入力してください.

platex first.texreturn2

エラーが起こらなければ,次のようなメッセージが出力されてタイプセットが終了します.

This is pTeX, Version 3.141592-p3.1.10 (utf8.euc) (Web2C 7.5.4) (./first.tex pLaTeX2e <2006/11/10>+0 (based on LaTeX2e <2003/12/01> patch level 0) ……中略…… (./first.aux) ) Output written on first.dvi (1 page, 2076 bytes). Transcript written on first.log.

すると,first.tex と同じディレクトリに,タイプセットされてできた結果 first.dvi が存在しているはずです.また,同じディレクトリに first.log というタイプセットのログを記したファイルができています.

もし TeX ソースにミスがあった場合には,例えば次のように,エラーが表示され,キーの入力待ち状態になります.

! Undefined control sequence. l.10 こんにちは,\LateX ! ?

このような場合,次の処理を選べます:

  • ただ enter キーを押せば,このエラーを無視してとりあえず処理を続けることができますが,別のエラーに出会うことがあるかもしれません.その場合は,再度入力待ち状態になります.
  • r キーの後に enter キーを押すと,以降はエラーを無視して処理が続きます.first.log に端末に出力されたエラーやその他のメッセージが出力されるので,後からそれを参照してください.
  • x キーの後に enter キーを押すと,タイプセット処理を中断します.

その後,エラーメッセージをよく読み,その内容に沿ってソースを修正することになります.ちなみに上のエラーは,10 行目で「\LaTeX」というコマンドを「\LateX」と間違えてしまったことが原因です.エラーメッセージに関しては,externalLaTeX のエラーメッセージ (TeX Wiki 内)などを参照してください.

pdf ファイルの作成

dvi ファイルを表示したり,他形式に変換する時には,別のプログラムを使うこととなります.例えば,Windows では dviout というソフトウェアで,また多くの UNIX 系 OS では xdvi(または pxdvi) で,dvi ファイルを表示させることができます.

しかし,実際に印刷したり,他の人に結果を渡すような場合には,dvi ファイルを PDF ファイルに変換し,それを使って作業するのが便利です.ここではその方法を説明します.

first.dvi が無事に作成されていることを確認し,それが存在するディレクトリにおいて,以下を実行します:

dvipdfmx -p b5 first.dvireturn2

ここで,-p b5 は紙のサイズが B5 判縦長であることを示すオプションです.さて,実行すると,以下のようなメッセージが出て,PDF ファイル first.pdf が生成されます:

first.dvi -> first.pdf [1] 11616 bytes written

first.pdf の一部分

こうして,ひとまず LaTeX を使って PDF を作ってみるところまでできました.次節以降では,TeX ソースの書き方を順に説明していきます.