24. プレゼンテーション

他者に対して自分の主張を述べることを,総称してプレゼンテーションといいます.たとえば会社内における会議,製品の宣伝,大学における講義などはすべてプレゼンテーションにあたります.このプレゼンテーションを上手に行うための方法を考えてみましょう.

近年,プレゼンテーションの在り方が大きく変わってきました.コンピュータの発達やプレゼンテーション用ソフトウェアの普及といった,技術の発展があったからです.昔は透明な「OHP フィルム」を画面に投影することがプレゼンテーションの主流でした.それが現在では,PowerPoint や Keynote といったソフトウェアを用いたプレゼンテーションが主流となっています.

これらのソフトウェアには,色々なメリットがあります.たとえばコンピュータを使えば,プレゼンテーション中で

  • 画面の色やレイアウトを自由にコントロールできること
  • 配布資料に頼ることなく,高解像度の写真を提示できること
  • 動画や音声のような,紙媒体では決して実現できないメディアを取り入れられること

などができます.こうした現代ならではのメディアを活用することで,旧時代と比べ,プレゼンテーションにおける表現の可能性は格段に広がります.

一方,道具の性能が上がってもプレゼンテーションが良くなるとは限りません.今を生きるみなさんの中にも「分かり辛いプレゼンテーションを聞く羽目になった」という苦い経験を持っている人が,少なからずいるのではないでしょうか?たとえば

  • 画面の字や写真が小さくで,ほとんど何も見えなかった
  • 文字や写真がバラバラに並んでいて,それらの関連性がつかめなかった
  • どう見ても関係ない項目が「・」記号の箇条書きで並んでいて,何を言いたいのか分からなかった
  • 発表者はスライドに書かれている文章をただ読み上げるだけで,自分が先にスライドを読み終えると暇を持て余してしまった
  • 部屋が暗い上に発表者が抑揚のない調子で話すので,強烈な眠気に襲われた

といった具合に,です.残念なことに,プレゼンテーション用ソフトウェアでできることが多くなったがために,聴衆への配慮が欠けることがあるのも事実です.

このように,プレゼンテーション用ソフトウェアへの過信は禁物です.目的は「プレゼンテーションを行うこと」そのものであって,そこに登場するソフトウェアは手段に過ぎません.このことを忘れて「ソフトウェアを使うこと」ばかりに気を取られると,ソフトウェア本来の力を失うどころか,「ソフトウェアのせいでプレゼンテーションが分かり辛くなる」という本末転倒な結果を招くことになりかねません.そこでこの章では「どのようにすれば,聴衆にとって分かりやすくなるか」という観点から,プレゼンテーションを構成する要素全般を考察してみます.みなさんが聴いたことのあるプレゼンテーションや,あるいはみなさん自身が過去に行ったプレゼンテーションの内容を振り返り,それらの良いところ・悪いところを考えながら,この章を読み進めていってください.

それから,もう一つだけ注意をしておきます.プレゼンテーションのやり方が上手くなることは,プレゼンテーションされる内容そのものが良くなることとは別の問題です.プレゼンテーションするべき内容がきちんとしているなら,上手なやり方を身に着けることが多いに役立つでしょう.しかしプレゼンテーションの内容がなければ,いくら見かけをよくしても無駄です.このことは決して忘れないでください.

24.1 スライドを作り始める前の下調べ

プレゼンテーション用のスライドを作り始める前に,必要な下準備を行いましょう. (このページを読む)

24.2 スライドレイアウトの原則

良いスライドを作るための,レイアウトの原則を述べます. (このページを読む)

24.3 Microsoft PowerPoint

Microsoft PowerPoint を使って,プレゼンテーションスライドを作りましょう. (このページを読む)

24.4 Keynote

Keynote は Apple 社が開発しているプレゼンテーションソフトウェアです.Keynote を使ったスライド作成をしてみましょう. (このページを読む)

24.5 Prezi

最近注目を集めている Prezi というプレゼンテーションソフトウェアがあります.はいぱーワークブック内で詳しい説明はしませんが,存在は知っておくほうが良いと思われるので,どのようなソフトウェアなのか簡単に紹介します. (このページを読む)

24.6 発表原稿や配布資料の作成

プレゼンテーションをするにあたっては,スライド以外にも発表原稿や配布資料を作ったりすることがあります.これらをどう作るべきなのか,検討しましょう. (このページを読む)

24.7 プレゼンテーションにおける話し方や振る舞い方

プレゼンテーションを構成するのは,スライドなどの資料だけではありません.話者がどのような話し方や振る舞い方が望ましいかをするかも重要な要素です.実際の場面でどうすべきかを考えてみましょう. (このページを読む)

24.8 プレゼンテーション直前のチェックリスト

プレゼンテーション直前にチェックをすべきことの中でも,特に見落としやすい項目を紹介します. (このページを読む)

24.9 参考文献・リンク集

プレゼンテーションに役立つ文献やウェブサイトをいくつか紹介します. (このページを読む)