24.3 Microsoft PowerPoint

プレゼンテーション用のソフトウェアの中で最も有名なものの 1 つが,Microsoft PowerPoint です.PowerPoint を使うと,Word や Excel などの持つ機能に加えて,図形やアニメーションを効果的に利用したプレゼンテーションスライドを作ることが可能です.皆さんも実際に,hwb24.1 スライドを作り始める前の下調べ, hwb24.2 スライドレイアウトの原則 の説明を踏まえた上で,プレゼンテーションのスライドを作ってみましょう.

教育用計算機システムでは,Mac 環境と Windows 環境の両方で PowerPoint 2016 が利用できます.以下の説明では Mac 環境を想定しますが,Windows 環境でも使い方はほとんど同じです.

24.3.1 PowerPoint の起動と最低限の設定

まずは PowerPoint を起動させ,スライドの縦横比を設定しましょう. (このページを読む)

24.3.2 文字入力とスライドの操作

まずは文字だけからなる,簡単なスライドを作ってみましょう. (このページを読む)

24.3.3 スライド内で利用可能なオブジェクト

スライド内に,色々な文章や図形を書き(描き)入れてみましょう. (このページを読む)

24.3.4 オブジェクトの操作

前のページ 24.3.3 スライド内で利用可能なオブジェクト で紹介した PowerPoint のオブジェクトたちを操作する方法を紹介します. (このページを読む)

24.3.5 図の書式設定と写真の利用

スライドに配置されたオブジェクトに対して書式の設定をすると,見た目を事細かに調整できます. (このページを読む)

24.3.6 アニメーション・画面切り替えの設定

PowerPoint ではスライド中や画面切り替え時にアニメーション効果を設定できます. (このページを読む)

24.3.7 ファイルの保存と読み込み

プレゼンテーションを編集したらファイルに保存しましょう. また (このページを読む)

24.3.8 プレゼンテーションの再生

プレゼンテーションスライドを作ったら,再生してみましょう. (このページを読む)

24.3.9 ファイルの印刷

PowerPoint で作ったプレゼンテーションスライドを印刷する手順を説明します. (このページを読む)