25. シェルの活用

オペレーティングシステムにコマンドを入力するときに, 入力を処理して OS の中心部に橋渡ししてくれるプログラムをシェルといいます.hwb15. コマンド ではターミナルの基礎的な使い方を勉強しましたが,ここではターミナル上で走る “bash” というシェルの設定をカスタマイズする方法やプログラムの書き方を中心に,より高度な使い方を説明します.特にシェルスクリプトは便利な機能ですので,ぜひ一度目を通してみてください.

25.1 コマンド入力の効率化

bash でコマンド入力を楽にするための,ちょっと細かいショートカットを説明します. 既に 15.4 ターミナルの便利な使い方 で説明したように,コマンドの履歴や キーによる入力補完を使うとコマンド入力は大分楽になります […] (このページを読む)

25.2 環境変数

シェルに限らず, 全てのプログラムは環境変数と呼ばれる変数を持っています.この環境変数の値によって, シェルの動作を変えることができます. (このページを読む)

25.3 初期設定ファイル

前の節でシェルの環境変数やエイリアスの設定の仕方を述べましたが,シェルにログインする度にこれらを設定し直すのは大変です. シェルが起動されるときに読み込まれる初期設定ファイルを使うと,ログイン時に自動で設定を行うことがで […] (このページを読む)

25.4 シェルスクリプト

シェルスクリプトというのは, シェルに解釈・実行させるスクリプト (プログラム) です. この節ではシェルスクリプトの簡単な紹介をします. (このページを読む)

25.5 エイリアス

エイリアスは「別名」という意味です.シェルでエイリアスの機能を使うと,よく使う長い命令を短く登録しておくことができます. (このページを読む)