23.3.2 Numbers の操作と Excel の操作の対応

Numbers の操作と Excel の操作の対応を確認しましょう.ここにある対応を見れば,hwb23.2 Microsoft Excel の内容を Numbers でも行えます.

入力などの基本操作と印刷

セルの番地指定,セルへの入力(hwb23.2.2 データの入力)やファイルを開閉の方法(hwb23.2.3 ファイルの保存と読み込み)は,全く同じです.

以下の点は Excel と異なります.

セルへの一括入力
フィルハンドル(hwb23.2.2 データの入力)が,セル右下ではなくセル下辺の中点に表示されます.また Excel ではフィルハンドル操作後に「同一データか連続データか」を選択できましたが,Numbers では「1 つのセルに対してフィルハンドルを使うと同一データ,2 つ以上の連なるセルに対してフィルハンドルを使うと連続データ」となっています.
シートの操作
Excel ではシート(hwb23.2.2 データの入力)の一覧がウィンドウ左下に表示されますが,Numbers ではシートの真上に表示されます.
コピー & ペースト
やり方自体は hwb23.2.4 コピー & ペーストと数式の入力 と同じです.ただし,セルのスタイルのみのコピー & ペーストは,メニューの フォーマットスタイルをコピー から行います.
印刷
メニューを ファイルプリント とたどるところまでは hwb23.2.7 ファイルの印刷 と同じです.Keynote ではこのメニューを開いた後に,拡大率や印刷方向の設定を行います.

表の見易さの設定

表の見た目に関する設定項目は,Excel と Numbers とで大分異なります.行や列を一時的に隠す方法は hwb23.2.6 見やすい書式の設定 と同様にできますが,それ以外はほとんど違うやり方になります.

フィルタ / セルの並び替え
ウィンドウ右上に「並び替え / フィルタ」というボタンがあるので,それをクリックしてください.するとウィンドウ右側に,並び替え / フィルタを行うパネルが現れます.操作の順番は異なりますが,使い方は hwb23.2.5 データの並べ替えとフィルター と大体同じです.
ウィンドウ枠の固定
hwb23.3.1 Numbers の起動と基本用語の確認 の方法で行います.
表スタイルの設定
ウィンドウ右上の「フォーマット」ボタンを押すと,スタイルを設定するパネルになります.このパネルから「表」のタブを選ぶと,一番上が表スタイルの設定のためのエリアになります.

他のシートの参照

同じブック内の他のシートを参照するやり方は,hwb23.2.8 既存のデータを取り込む手法 と同じです.ただし,この方法で他のブックを参照することはできないようです.

式の入力と関数の利用

Excel と同じです.

の内容は,一部のショートカットキーなどを除いて Numbers でそのまま使えます.

グラフの利用

ウィンドウ上部に「グラフ」というボタンを押せば,hwb23.2.13 グラフの作成 と同じようなグラフが作れます.ただし Numbers 標準のグラフスタイルは,Excel とは違う方向にイケてないので,hwb23.5 グラフを描く際の基本事項 を読んで適切なスタイルに修正してください.

caution残念ながら Numbers にも 3D グラフの機能がついていますが,これは絶対に使ってはいけません