15.6 オンラインマニュアル

ターミナルウィンドウで使えるコマンドには,使い方を記したオンラインマニュアルが用意されています.ここではオンラインマニュアルの読み方を説明します.コマンドの詳細を知りたいときに活用してください.

オンラインマニュアルを使うには,man というコマンドを使います.man のあとに,調べたいコマンドの名前をパラメータとして書きます.たとえば,前節で例に用いた ls コマンドの使い方を調べてみましょう.次のように入力してください.

man lsreturn2

すると画面が切り替わって, 以下のような表示になります.

LS(1)                                 FSF                                LS(1)

NAME
       ls - list directory contents 

SYNOPSIS
       ls [OPTION]... [FILE]...

DESCRIPTION
       List  information  about  the FILEs (the current directory by default).
       Sort entries alphabetically if none of -cftuSUX nor --sort.

       -a, --all
              do not hide entries starting with .

       -A, --almost-all
              do not list implied . and ..

       -b, --escape
              print octal escapes for nongraphic characters

       --block-size=SIZE
              use SIZE-byte blocks

       -B, --ignore-backups
              do not list implied entries ending with ~

       -c     with -lt: sort by, and show, ctime (time of last modification of
              file  status  information)  with -l: show ctime and sort by name
              otherwise: sort by ctime

       -C     list entries by columns
 (....以下略....)

“SYNOPSIS” の部分にコマンドがどのようなパラメータを取るかが書かれています.最後に [FILE]… となっていますが,ここにはファイルのパス名を書きます.角括弧がついているパラメータは省略可能です.また [OPTION]… の部分にはオプションを書き,各オプションの動作は “DESCRIPTION” のところで説明されています.”DESCRIPTION” のところにはコマンドの説明もされています. なお, この説明が一画面に入り切らない時には space を押せば続きが表示されます.マニュアルを終りにするには,最後まで読むか q のキーを押します.

何らかのコマンドに関してその内容が知りたい時には,とりあえずはこのマニュアルを見る癖をつけましょう.マニュアルは膨大な量なので全てを覚える必要はありません.必要に応じて理解していくとよいでしょう.なお,当然ながらここで示した方法はコマンドの名前をおぼえていないと使えません.

exercise
manコマンドを使ってlsのオプションのうち,-tの意味を調べてみましょう.正しいものを選んでください.
(1)
  • ファイルの種類も表示する
  • 更新された時間順に並べる
  • 詳細を表示する
  • 隠しファイルも含めてすべて表示する