15.1 オペレーティングシステムとコマンド入力

まず最初に,コマンド入力とは何かということと,コマンド入力の意義について説明します.

オペレーティングシステムの操作

オペレーティングシステム (Operating System; OS) とは, コンピュータシステムの基本となるソフトウェアです. たとえば Microsoft Windows は OS の一つです. 教育用計算機システムの iMac 端末では, Mac OS X というオペレーティングシステムが動いています.

私たちはコンピュータに入った OS を操作するわけですが,その方法 (ユーザインターフェース) は, 大きく GUI (Graphical User Interface)CUI (Charactor User Interface) という 2 つに大別されます.GUI は主に皆さんがいつも使っている,マウスを使って画面に表示されているものを操作するインターフェースを指します.一方 CUI は綺麗なグラフィックを用いず,キーボードでコマンドを入力することで OS に指示を出し,その指示に対する OS の返事も画面に文字で表示されるようなインターフェースです.技術的には絵の表示より文字の表示の方が簡単ですから,世界で最初に誕生したコンピュータは CUI を搭載していました.その後 1990 年頃になって,ようやく GUI が登場するに至りました.

UNIX としての Mac OS X

さて大衆に広く知られてはいませんが,世の中には UNIX という OS があります.UNIX は 1960 年代から開発が続いていて,非常に長い歴史を持ちます.開発された当時は GUI がありませんでしたから, UNIX の操作にはキーボードから指示を出すしかありませんでした.このキーボードから入力する命令をコマンドと いいます. UNIX を操作するためには,当然 UNIXのコマンドを覚えないといけません.

実は私たちが iMac 環境で使っている Mac OS X も, UNIX をベースに開発された OS です.Mac OS X は UNIX ベースでありながら GUI も充実しており,GUI の操作だけで一通りのことができるようになっています.そのため普段はマウスを使った操作をすることが多いですが,しかし UNIX ベースなので Mac OS X で UNIX のコマンドを使うこともできます.マウスによる GUI は直感的ですが,それに引き替え UNIX のコマンド入力は取っつきづらいものです.しかしコマンドによる操作は,慣れるとマウス操作よりもてきぱきとコンピュータに指示を出せるという利点があります.さらに UNIX のコマンドは複数のもの組み合わせて使えるので,場合によっては GUI では時間のかかる操作を一瞬で終わらせられることもあります.

本章では, Mac OS X のターミナルというアプリケーションから UNIX のコマンドを使う方法を学びます.この章で学ぶほとんどのコマンドは Mac OS 以外の UNIX システムでも共通しますから,将来みなさんが Mac OS X 以外の UNIX システムを使う際にも役立つはずです.いろいろコマンドを入力してオペレーティングシステムとの対話を楽しみましょう.