14.4 コマンドを使ったファイル操作

Mac OS X でのファイル操作は Finder を通してだけでなく,ターミナルを使ってコマンドにより行うこともできます.ここではターミナルを使ったファイル操作について説明します.

ターミナル(hwb15.2 ターミナルの基本的な使い方を参照)を使ったファイル操作は Linux などの他の UNIX 互換のオペレーティングシステムと共通する部分が多いので,そのようなオペレーティングシステムを使う可能性のある人は覚えておいて損はないでしょう.コマンド操作の方法などについては,hwb15. コマンドも参照してください.

14.4.1 ディレクトリ

ディレクトリとはフォルダ(14.1 ファイルとフォルダの基本 参照)と同じ意味です.Finder のような GUI の環境ではフォルダと呼ぶことが多いですが, コマンドを使って操作する環境ではディレクトリと呼びます. 以 […] (このページを読む)

14.4.2 ディレクトリの操作

ここでは, ディレクトリの操作や内部の一覧表示の方法について説明します. (このページを読む)

14.4.3 ファイルの操作

ここでは, コマンドライン上からのファイルの操作方法について説明します. (このページを読む)

14.4.4 ファイルの圧縮

圧縮の具体例をコマンドライン上から gzip を使うことによって学習します. (このページを読む)

14.4.5 パーミッションと実行ファイル

それぞれのファイルやフォルダ (ディレクトリ) にはパーミッション, つまり「ユーザが閲覧や上書き, 実行するための権限」が設定されています. ここではパーミッションを確認したり変更する方法とともに, 実行ファイルについ […] (このページを読む)

14.4.6 リンク

一つのファイルを, 別の場所から別の名前でアクセスできるようにしたい場合があります. このような場合, リンクと呼ばれる機能を使うと便利です. (このページを読む)

14.4.7 複数ファイルの指定・ファイルの検索

この節では複数ファイルの指定方法と, ファイルの検索の方法について説明します. (このページを読む)