3.3 強制終了

iMac が動かなくなったときには電源を強制的に落とします.

強制終了が必要なとき

作業中に,iMac がキーボードやマウスからの入力を受け付けなくなることがあります.このような状態をフリーズと呼びます.端末がフリーズしたときは,まずはしばらく様子を見てください.数分で自然に回復することがあります.また一つのプログラムだけがフリーズした場合は の 3 つのキーを同時に押すと強制終了のダイアログが現れ,問題を起こしたプログラムを強制終了させることができます.この組み合わせはぜひ覚えておきましょう.

5 分以上経過しても回復が見込めないときは,電源スイッチを押して終了してください.電源ボタンを数秒間押し続けると電源が切れます.電源が切れてから,次の電源投入まで最低 5 秒はおくようにしてください.

3_1_b

強制終了は,あくまでも最終手段です.フリーズしたとき以外は,必ず hwb3.2 ログアウトして電源を切る の手順に従って電源を切ってください.

フリーズの原因

アプリケーションをたくさん起動させていると,端末の処理が追いつかず,フリーズすることがあります.

また,ECCS で皆さんが使える記憶容量には 8 GB という上限が設定されています.もし上限以上のデータを保存すると,自分のアカウントにログインできないか,ログインできてもフリーズしやすくなる障害が発生します.もしこのような障害が見られた場合は,自分のアカウントにリモートログインして,データが上限より少なくなるまで削除してください.方法が分からないときは,hwb16.1 WebDAV によるファイルアクセス を見るか,またはシステム相談員に相談するとよいでしょう.システム相談員がいつ,どこにいるか等については,external教育用計算機システムについて・相談員external教育用計算機システム相談員のサイト を見てください.