11. 電子メール

電子メールの送受信の仕方と,メールが届く仕組みについて学びます.

ネットワークによってつながったコンピュータ間で郵便のような情報のやりとりを行うシステムは,電子メールと呼ばれます.端末というのはコンピュータに限られず,例えば携帯電話も含まれます.コンピュータを使って電子メールを送ったことはなくても,携帯電話でメールを送った事のある人はきっと多いでしょう.電子メールの基本的な仕組みを,実際のやりとりの練習を通じて理解しましょう.

cautionECCS2016 では,

  • externalGoogle Apps for Education の Gmail による学生・教職員用メールサービス「ECCS クラウドメール」 (アドレスが *****@g.ecc.u-tokyo.ac.jp)
  • 学内サーバによる教職員用メールサービス「ECCS 教職員メール」 (アドレスが *****@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp)

の 2 種類のメールサービスが運用されます.このうち学生が利用できるのは「ECCS クラウドメール」です.

caution前のバージョン ECCS2012 の学生向けメールサービスは,2016 年 8 月 2 日をもって終了しました.ECCS2012 の学生用メールアカウントは, ECCS クラウドメールには引き継がれていません.(教職員用アカウントは ECCS 教職員メールに引き継がれます.)また,ECCS2012 のメールアドレス(10 桁の共通ID@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp)に宛てられたメールは暫定的に ECCS クラウドメールに転送されています.この措置も半年を目途に終了予定ですので,早めに新しいアドレスを知らせておきましょう.
詳細:externalECCS2016 メールシステム移行

11.1 電子メールの基礎知識

電子メールとはなにかについて, 簡単に説明します. (このページを読む)

11.2 ECCS クラウドメールの初期設定

ECCS クラウドメールを使うには,自分のメールアドレスとパスワードの設定を行う必要があります.また設定後は最長で 1 時間待つ必要があります.余裕を持って設定をしましょう. (このページを読む)

11.3 Gmail を用いた電子メールの読み書き

ECCS クラウドメールは Google Apps for Education の Gmail を利用して提供されています. この Gmail では, ウェブブラウザからメールを読み書きできる環境が用意されています. (このページを読む)

11.4 Apple メールを用いた電子メールの読み書き

Mac OS X では, 「メール」という名前のメールクライアントを使ってもメールサービスが利用できます. はいぱーワークブックでは, Mac OS X 上の「メール」というメールクライアントを, 他の「メール」という名 […] (このページを読む)

11.5 MailSuite を用いた電子メールの読み書き (ECCS2012)

昔の ECCS 2012 で提供されているウェブメールの使い方を説明します. (このページを読む)

11.6 他の環境での電子メールの読み書き

自宅のコンピュータから, 教育用計算機システムのメールを扱う方法について説明します. (このページを読む)

11.7 電子メールのエチケット

電子メールをやりとりする際に注意すべき事をまとめました. 以下の注意事項に一度は目をとおしてください. なお, ネットワークのセキュリティに関しては 12. セキュリティ を参照してください. (このページを読む)

11.8 電子メールの暗号化と電子署名

GnuPG という暗号化ソフトウェアを用いて, 電子メールを暗号化してやりとりする方法について説明します. また, 電子署名を使ってメールの偽造を防ぐ方法も説明します. (このページを読む)

11.9 電子メールが届く仕組み

ヘッダ情報の例

電子メールのやりとりを実現する仕組みについて説明します. (このページを読む)