11.4.3 メッセージを読む

ここでは,Apple メールを使って,届いた電子メールメッセージを読む方法を学びます.

Apple メールを起動したときに開くウィンドウはこのような構成になっています.このウィンドウをメール表示ウィンドウといいます.
メール表示ウィンドウ

メッセージの受信

電子メールのアカウントが正しく設定されていれば,Apple メールの起動時に自動的に,新しく到着した電子メール(新着メール)があるかどうか調べてくれます.

新着の電子メールがあった場合,Dock のアイコンの右肩に新着メール数(正確には,未読メール数)が赤く表示されます.
新着メール数の表示
Apple メールでは,自動的に数分ごとにメールサーバに新着メールがないか調べてくれます.

tips新着メールを調べる間隔は,
メニューバーの メール環境設定 から「一般」を選ぶと,設定するところが出てきて変更できます.また,すぐに新着メールがあるかどうかを調べたい場合は,ツールバーの「受信」アイコンをクリックします.

tipsメール表示ウィンドウを新たに開きたいときは,Apple メールのメニューバーから ファイル新規表示ウィンドウ を選びます.

メッセージを読む

受信されたメッセージの差出人や,件名,受信日時などの情報は,表示ウィンドウに表示されます.
メッセージの数が多すぎて,一度に表示しきれない場合は,スクロールバーか,マウスのホイールでスクロールさせてみてください.
メッセージ一覧において,どの電子メールメッセージを読むかの選択は,読みたいメッセージをクリックして選択します.すると,その行が青くなり,メール表示ウィンドウの下側のメール内容表示の場所に選択したメッセージの内容が表示されます.

space キーを何回も押していくだけで,どんどんメッセージの内容がスクロールされて,読み終わると,次のメールメッセージが表示されるなどして,全部のメッセージを読むことができます.上矢印キーを押すと,前のメッセージに戻ることができます.下矢印キーで,次のメッセージを読むことができます.

del キーを押してしまうと,メッセージが削除されてしまうので,気をつけてください.

メッセージ一覧において,最初の欄に青い丸 ○ がついているメールメッセージは,未読のメッセージ,すなわち,まだ読んでないメッセージの印になります.すでに読んだメッセージを既読メッセージと呼びます.

tips受信メッセージ一覧のところの,「受信日時」や「件名」などと書かれている部分をクリックすることにより,受信メッセージのリストをそこの項目に注目して並べかえることができます.また「受信日時」「件名」などが書かれている列の一番左に表示されている丸をクリックすると,メッセージが未読か既読かで並び替えてくれます.