11.8.2 公開鍵の受け渡し

暗号化に必要となる公開鍵を受け取って登録する方法や.相手に公開鍵を渡す方法について説明します.

相手に暗号化した電子メールを送るには,相手の公開鍵を持っている必要があります.
逆に相手から,自分に暗号化した電子メールを送ってもらうには,自分の公開鍵を渡す必要があります.

前のページ hwb11.8.1 鍵の生成 の操作で作成した自分の公開鍵は,

gpg -a --export -o taro.gpgkeyreturn2

というコマンドで,taro.gpgkey というファイルに書き込まれます.
このファイル名は,何でも構いません.
電子メールなどで,相手に渡してください.

相手から受け取った公開鍵が,hanako.gpgkeyというファイルに書き込まれている場合は,

gpg --import g888888.gpgkeyreturn2

とすることで,自分の鍵輪に登録されます.

自分の持っている公開鍵一覧を見るには,以下のコマンドを使います.

gpg --list-keyreturn2
/home01/0123456789/.gnupg/pubring.gpg ------------------------------------- pub 2048R/E22118CB 2012-03-28 uid Taro TODAI <0123456789@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp> sub 2048R/B2DF3841 2012-03-28

pub 2048R/5BF04BC3 2012-03-28 uid Hanako TODAI <0987654321@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp> sub 2048R/30BB9849 2012-03-28

東大太郎さんは,自分の公開鍵と東大花子さんの公開鍵を持っていることがわかります.