11.3.5.1 メールの削除

メールの削除の仕方を説明します.

ECCS クラウドメールでは,メールを保存できる件数や容量に制限がありませんから,メールを削除する必要はあまりないかもしれません.しかし,あまりに多くの不要なメールをそのままにしておくと,他の重要なメールを探しにくくなる原因になりかねません.時間があるときに,不要なメールは以下の手順に沿って削除してしまいましょう.

メールをゴミ箱に移動する

まず受信トレイの中から削除したいメールを探し,左側の四角形をクリックしてチェックを入れます.複数件のメールを削除したい場合は,そのすべてについて,左側の四角にチェックを入れます.

11_3_5_1_a

続いて,上段にある削除ボタンを押します.これで,メールがゴミ箱に移動しました.ただしこの時点では,メールは完全に削除されたわけではありません.ゴミ箱にあるメールは,30 日が経過すると完全に削除されます.

ゴミ箱の操作

ゴミ箱では,ゴミ箱に移動したメールを受信トレイに戻したり,30 日を待たずして完全に削除したりできます.ゴミ箱を開くには,まず左のメニュー下部の「開く」をクリックし,その後「ゴミ箱」をクリックします.11_3_5_1_c

11_3_5_1_d

すると,ゴミ箱の中のメールの一覧が表示されます.

11_3_5_1_f

メールを受信トレイに戻したい場合は,該当するメールの件名の上で右クリックして,「受信トレイに移動」をクリックします.

11_3_5_1_g

メールを完全に削除したい場合は,ゴミ箱への移動と同様にチェックを入れた後,上段にある完全に削除ボタンを押します.また,メール一覧表の上部中央にある「[ゴミ箱] を今すぐ空にする」のリンクをクリックすると,ゴミ箱の中のすべてのメールが完全に削除されます.