11.3.5.2 メールの検索

メールの数が多くなってくると,見返したいメールがどこにあるか分かりづらくなります.そんなときに有効なのが,検索機能です.

メールを検索の仕方は,非常にシンプルです.ページの最上部に,検索窓があります.

11_3_5_2_a

ここに,探したいメールに含まれていそうな文字列(メールアドレス,名前,件名,話題など)を入力し,検索ボタンをクリックします.すると,その文字列が含まれるメールの一覧が表示されます.

11_3_5_2_c

また,より詳細に条件を設定したい場合は,検索窓の右端の三角形をクリックします.すると,検索窓の下に条件設定画面が表示され,様々な検索条件を入力できます.

11_3_5_2_e

それぞれの設定項目の意味は,次の通りです.

検索
検索するメールの範囲を指定します.例えば,ゴミ箱の中のメールを検索したり,特定のラベル(→hwb11.3.5.3 ラベルの利用)のついたメールを検索したりできます.
From
差出人のことです.メールアドレスや名前を入力します.
To
宛先のことです.メールアドレスや名前を入力します.
件名
件名に含まれる文字列を入力します.
含む
宛先,件名,本文など,とにかくメールのどこかに含まれるであろう文字列を入力します.
含まない
「含む」の逆で,ここに入力された文字列をどこかに含むメールは,検索結果から除外されます.
添付ファイルあり
チェックを入れると,添付ファイルのあるメールのみ表示されます.
チャットは除外する
Google ハングアウトのチャットの内容を含めるかどうかの設定です.メール機能のみを使っている場合,無視して構いません.
サイズ
添付ファイルを含むメールのサイズが入力した値より大きい(または小さい)かどうかで,検索結果を絞りこむことができます.
検索する前後期間
「基準となる日」の前後で,指定した期間に送受信されたメールの中から検索します.