11.5.3.2 自動振り分け

前節 hwb11.5.3.1 フォルダの作成 でメールをフォルダに分ける方法を説明しました.それに加え MailSuite ではメールを自動でフォルダに振り分ける機能があります.この機能はメーリングリストに入ったりする場合に大変重宝します.

自動振り分けをするにはまず,メニューの「オプション」ボタンを押します.

signature-1

次に「自動振り分けの設定」というメニューを選択すると,設定画面が表示されます.

filtering-1

この画面で自動振り分けの設定をすることができます.設定の仕方は簡単で,画面下方の「自動振り分けの設定追加」フォームに必要事項を記入し,追加ボタンを押すだけです.たとえば次の例では,差出人のアドレスが 0123456789@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp を含むメールを自動的に受信トレイの下の “ABC” フォルダに振り分ける設定をしています.

filter-2

追加ボタンを押すと,実際に振り分け条件が追加されます.

filter-3

メールの振り分けの設定はいくらでも複雑にできます.たとえば

  • 差し出し人名や差出人アドレスをはじめとして,ほとんどあらゆるものを振り分け条件に使えます.より正確に言うと,メールのヘッダ (hwb11.9.1 電子メールの書式) のフィールドの有無やフィールドの値が振り分け条件に利用できます.
  • フィールドの値に対する条件は完全一致・部分一致・前方一致など,色々なものから選択できます.
  • 「条件追加」のボタンを押すことで,複数の条件を「かつ」や「または」で繋ぐことができます.

うまく条件を活用して,的確にメールを整理しましょう.