11.5.2.2 署名

メールの最後に,自分の名前や肩書きなどの定型文を簡単につける方法を紹介します.

メールの最後につける自分の名前・所属・メールアドレスなどのことを,署名 (シグネチャ) と言います.メールを送る度に一々署名を打ち込むのは面倒なので,大抵のメーラでは署名をある程度自動的に付ける機能がついています.MailSuite でも署名を簡単につけることができるので,試しに一つ署名を作ってみましょう.

まず,画面の上にあるオプションボタンを押してください.

signature-1

すると次の画面になるので,左上にある「個人環境の設定」のところをクリックしてください.

signature-2

この画面では色々な設定をすることができますが,今は署名を作る事が目的なので,署名の箇所をクリックします.

signature-3

署名の設定画面で,テキスト署名作成ボタンをクリックします.

signature-4

すると署名を入力する画面にうつりますので,署名の名前と署名本文を書き込んでから保存ボタンを押してください.

signature-5

署名が作り終わると次のように,今作った署名が署名一覧に表示されるようになります.

signature-6

実際にメールに署名を付けるには,メール作成画面の下の方にある「送信メールに署名を追加」という項目にチェックを入れます.そうすると,メール本文の末尾に署名が自動で挿入されます.

signature-7

今は署名を一つしか作りませんでしたが,複数の署名を作れば,署名の使い分けをすることも可能です.